うみのもりについてABOUT US

わたしたち

千葉アール・ブリュットセンター「うみのもり」の運営スタッフをご紹介いたします。

  • 森田哲朗
  • 森田 哲朗センター長

    繋げる人。関わりを持つ皆さんを笑顔で包み込み、元気にしていく人。
    千葉県で生まれ育ち、体育教師を目指し、教育課程の介護実習で障害者支援に出会い、楽しさから就職。
    社会福祉法人フラットでは成人の通所施設で勤務中。
    作る事も大好きで、DIYから農業、味噌、梅干し等、興味を持ったものを勉強し、学んで会得してきた。今は紙漉きが楽しくて楮「こうぞ」の栽培も始めている。これまで、芸術に対しての関りは少なかったが、芸術文化活動には、人を幸せにする可能性があると考えている。

  • こまちだたまお
  • こまちだ たまお芸術文化相談員

    絵を描く人。美術を通じての共育活動人。
    生まれも育ちも上総一ノ宮、先祖代々千葉県人。東京藝術大学美術学部 修士課程油画専攻 修了。
    1991年より作品を生み出しながらこども造形教室に関わったのが物語のはじまり。98年より たまあーと創作工房代表。「うちの子もよろしく」と先輩にお声がけいただいてから障害者アートに関わる。
    保育所、福祉施設、特別支援学校、児童養護施設などでワークショップを重ね、アートでボーダーレスな時間と場を生み出す野望を持ち続ける。時間があれば海のそばで漂流している。

  • 小佐野智美
  • 小佐野 智美外部アドバイザー[舞台部門]

    踊る人。自由な表現、感性をモットーに、振り付け、ダンス講師としても活動中。
    インテグレイテッドダンスカンパニー・響のダンサー。

    11歳からバレエを始め、2007年にイギリスに留学。
    ローハンプトン大学、チチェスター大学大学院でコンテンポラリーダンスを学び、コンテンポラリーダンスの自由な表現からなる身体性の可能性に魅了される。
    ロンドンを中心に、ダンサーとして活動。2014年に帰国。
    2015年からインテグレイテッドダンスカンパニー・響でダンサーとして、身体障害を持ったダンサーとのダンス活動を始めたことがきっかけで障害者とのダンスに関わりを持つ。
    また、ワークショップを通して障害を持つ方々とのダンス表現にも従事。
    一人一人の違った動きの表現の素晴らしさを大切にしながら、いかに一人一人が輝く瞬間を見つけ、生み出していけるかを追求している。

  • 野澤和弘
  • 野澤 和弘外部アドバイザー[アールブリュット分野]

    文を書く人。夢や福祉のことをしゃべる人。
    海と温泉のまちに生まれる。「青春の門」の伊吹信介にあこがれて早稲田大学法学部に入り、新宿のジャズバーで4年間焼きとりをやいて過ごす。
    1983年、毎日新聞の記者になり、いじめ、ひきこもり、児童や障害者の虐待などの報道をする。東京大学の「障害者のリアルに迫るゼミ」、上智大学の新聞学科、植草学園大学でも教える。
    障害者福祉の本はたくさん出している。「アール・ブリュット アート日本」(平凡社 2013年、共著)もある。

  • 竹嶋信洋
  • 竹嶋 信洋外部アドバイザー[障害部門]

    福祉現場で働く人。自分の町が大好きな人。
    福祉現場で18年。辿り着いた答えは、みんなが笑って暮らせる町は、結果として障害のある人も笑って暮らせるということ。
    竹嶋が愛する町「都賀」。そこで人が紡ぎ織りなしてきた「いつも」の風景を主役に、支援する側とされる側にグラデーションをかけたいと、勢力的に活動中。小学校の通信簿で図工2、通っていたお絵かき教室を辞めさせられた経験を持つ竹嶋が出会ったアール・ブリュット。人間の内なるエネルギーの表現に魅せられて、芸術文化に心奪われている。